2015年10月30日

コーヒーセミナー

金沢でコーヒーセミナーを見つけた。香林坊にあるスターバックスで発見したチラシだ。

IMG_1626.JPG

第204回のTOEIC公開テストを金沢で受験したので、これまでに39都道府県で受験したことになる。
posted by ヒロ前田 at 01:59| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

愛知と名古屋

愛知県で最大の都市は言うまでもなく名古屋市であり、知らない人はいないくらいに有名な街だ。愛知県にある、名古屋以外の街に住んでいた知り合いとカナダで出会った時、どこから来たか質問した。もう20年以上も前のことだ。すると、その人は「名古屋」と答えた。後で、実際は豊橋であることが判明したが、本人は「名古屋と言えばすぐに通じると思った」からあえて名古屋と言ったそうだ。

「究極のゼミ合宿」の「其の十三」は名古屋開催ではない。愛知開催である。
posted by ヒロ前田 at 01:51| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

ナレーター

これまでに教材の録音に立ち会ったことは何度もある。おそらく15回を超える。つい先日も録音スタジオに行ってきた。ナレーターは4人だ。普通、スタジオの録音ルームにはマイクが4本しかないのでナレーターが同時に5人稼働することはない。最大で4人だ。

5年前に一緒に仕事をした男性ナレーターと久しぶりに再会した。彼はこっちのことは覚えていなかったと思うが、当時の録音スタジオの場所を言ったら、急に思い出してくれた。「中華料理屋が近くにある、あのスタジオね。あぁ、あの時の人があなたね。久しぶり」みたいな会話になった。もちろん英語で。

もう1人の男性ナレーターとは初めて一緒に仕事をした。これまでに何度も名前を見たことはあったが、なぜか、会うのは初めてだった。今後も依頼したいと思わせてくれる、良い仕事をしてくれた。当たり前のことだが、ナレーターの仕事は結果で評価される。しかも1時間とか2時間程度の仕事だ。文字はない。声だけで評価される。そう考えると、ほかのナレーターより高い評価を安定的に得ることは簡単ではないだろう。

ナレーターの仕事をしている人たちは、たいてい、日本語もうまい。スタジオでしか一緒になることはないが、いつか、居酒屋にでも一緒に行ってみたいものだ。

posted by ヒロ前田 at 02:32| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

右手を骨折

この対談のゲストであるRabbitさんは、右手を骨折してもTOEICを受験したそうだ。左手でマークシートを塗る練習をしたらしい。



連続で70回以上も公開テストを受験し続けている、おそらく世界で唯一のウサギである。
posted by ヒロ前田 at 00:32| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする